notte!|電車にノッテ楽しむサイト

幻の駅(第3弾)・浅岸ってどこ?
Facebook
Twitter
シェア

幻の駅(第3弾)・浅岸ってどこ?

こんにちは、三上です。はじめに、第2弾で紹介しました「柿ノ木駅」が2015年3月14日のJRダイヤ改正で廃止となりましたことをご報告いたします。

さて、今回ご紹介するのは「浅岸駅」。どこにあるかと申しますと、岩手県はJR山田線という
路線にあります。

駅すぱあとの路線図上でのJR山田線・浅岸駅駅すぱあとの路線図上でのJR山田線・浅岸駅

JR山田線・浅岸駅の写真JR山田線・浅岸駅

JR山田線・浅岸駅 駅前のようすの写真駅前の様子ですが、民家は見当たりません

この駅、この春のダイヤ改正で、停車する列車が1日1往復になりました。

  • 上り:盛岡行き 6:43
  • 下り:宮古行き 19:40

これまでも停車本数は数えるほどしかなかったのですが、1日1往復というのは究極の少なさです。

ダイヤ改正前の山田線の時刻表※こちらはダイヤ改正前の時刻表。一気に3本も通過扱いに

列車で訪問するとなると、朝降りて、夜のお迎え列車まで13時間も空いてしまいます。

隣の駅まで歩こうにも、10km以上も林道を歩かねばならず、かつクマの生息地でもあるため危険を伴います。

隣駅への道の写真隣の駅へはこんな道を……

ちなみに、北海道の石北本線上白滝駅も同様に1日1往復なのですが、こちらは隣の駅から比較的容易に徒歩で到達できます。おそらく、浅岸駅がいきなり「日本一、乗降するのが困難な駅」に昇格してしまったのではないでしょうか。

なお、浅岸駅は利用客の少なさから冬季休止駅となっており、実際に列車が停車するのは4月1日からですのでご注意下さい。

また、隣の「大志田駅」もなかなかの秘境っぷりなのですが、ご紹介はまたの機会に。

記事を書いた人

乗換BIG4:三上(みかみ)
ヴァル研究所コンテンツ開発部所属。1つのジャンルにとどまらないがあえて言うなら「乗り鉄」。鉄道を含めた公共交通の知識の幅広さは、社内随一である。

過去の記事

関連記事