notte!|電車にノッテ楽しむサイト

幻の駅(第6弾)・津軽今別ってどこ?
Facebook
Twitter
シェア

幻の駅(第6弾)・津軽今別ってどこ?

こんにちは。幻の駅ハンターの三上です。

前回の北海道「天ノ川駅」に続き、今回は青森県は津軽半島の先端にある、津軽海峡線「津軽今別(つがるいまべつ)駅」をご紹介します。暑い日が続いていますので、少しでも涼を感じられるよう真冬の画像でお送りします。

さて、この「津軽今別駅」がどれくらい幻なのかと言いますと、この駅に止まる列車は「1日2往復、特急列車だけ」なのです。実に少ないですね。

特急「白鳥」だけが止まる駅の写真(撮影:2013年)特急「白鳥」だけが止まる駅(撮影:2013年)

津軽海峡線には、普通列車は運行されていません。青森と函館を結ぶ特急列車が一部区間で普通列車の代わりをなしており、その区間上にこの津軽今別駅があります。

駅看板の写真(撮影:2013年)この駅の看板からもわかる通り、「本州にあるJR北海道の駅」なのです(撮影:2013年)

しかもこの津軽今別駅、来春から北海道新幹線の「奥津軽いまべつ駅」として生まれ変わることになっていて、その最終的な建設工事に伴い8月10日から全列車通過となるのです。
これは正真正銘、幻の駅ですね。

参考:JR北海道からのお知らせ「津軽今別駅の列車通過について」

新幹線駅着工前の津軽今別駅を遠望する写真。左の黄色い建物は隣接する「道の駅」(撮影:2013年)新幹線駅着工前の津軽今別駅を遠望。左に見える黄色い建物は隣接する「道の駅」(撮影:2013年)

構内踏切から在りし日のホームを見る(撮影:2013年)構内踏切から在りし日のホームを見る(2013年撮影)

ひとつ前の写真と同じ場所の1年後の写真。わずか1年で新幹線の駅が姿を現しました(2014年撮影)ひとつ前の写真と同じ場所。わずか1年で新幹線の駅が姿を現しました(2014年)

ちなみに現在の状況はと言いますと……

現在の「津軽今別駅」の写真

在来線ホームは新幹線の外側に追いやられ、いつでも取り外せるよう仮設となっています。

現在の「津軽今別駅」の写真

こちらは来春の開業を待つ北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」。かなり大がかりな駅舎です。

しかしながら、全く列車が停まらなくなっても、JR津軽線「津軽二股(つがるふたまた)駅」がすぐ近くにあるため、周辺住民の利便性が失われるわけではありません。

言い換えれば、これから「津軽今別駅」を訪問するには「津軽二股駅」に行けばよいのです(ただし津軽今別駅への立ち入りはできません)。

「津軽二股駅」の写真

こちらは津軽二股駅のホームから津軽今別駅を見上げた時の写真(撮影:2013年)。ホームへは階段を上ります。

先ほど述べたとおり、8月10日から全列車通過となり「幻の駅」となりますが、しばらくの充電期間を経たあと、本州最北端の新幹線駅「奥津軽いまべつ」として再び脚光を浴びることになります。開業が楽しみですね。

それまでの間、しばし……「さようなら 津軽今別」。

過去の記事

記事を書いた人

乗換BIG4:三上(みかみ)
ヴァル研究所コンテンツ開発部所属。1つのジャンルにとどまらないがあえて言うなら「乗り鉄」。鉄道を含めた公共交通の知識の幅広さは、社内随一である。

関連記事