notte!|電車にノッテ楽しむサイト

幻の駅(第7弾)・もたて山ってどこ?
Facebook
Twitter
シェア

幻の駅(第7弾)・もたて山ってどこ?

こんにちは。幻の駅ハンターの三上です。

今回の幻の駅は滋賀県の琵琶湖西岸にある坂本と、織田信長が焼き討ちしたことで有名な比叡山延暦寺とを結ぶ「比叡山鉄道(坂本ケーブル)」にあります。その名は「もたて山」です。

ちなみに漢字で書くと「裳立山」となります。

もたて山駅の駅名標の写真駅名標。山頂のケーブル延暦寺駅の次の駅です。

駅ホームへの階段の写真ホームの様子。かなり急ですね。

紀貫之の墓の写真

完全に山の中なので、周辺には民家はありません。観光スポットとして『古今和歌集』の撰者のひとり、「紀貫之(きのつらゆき)の墓」があるくらいです(もたて山駅から徒歩10分)。

確かに、周りにこれといった建物がなく幻っぽい雰囲気ですが、この駅の「幻」度合いを決定づけるのがこちら!

駅の注意看板の写真

「お乗りの方は必ずインターホンでご連絡ください」

ん?

「連絡のない場合は通過いたします」

んんん?

そうです。あらかじめ連絡しないとこの駅は通過されてしまうのです!
もたて山駅は乗るときも降りるときも連絡が必要で、「乗りますよ~」「降りますよ~」と“停車を予約”しないといけないのです。

知らない人は降りられない、そんな幻の駅なのでした。

さて、次回はこの駅のひとつ下にある「ほうらい丘」をお送りします。
お楽しみに。

過去記事

記事を書いた人

三上(みかみ):乗換BIG4
ヴァル研究所コンテンツ開発部所属。1つのジャンルにとどまらないがあえて言うなら「乗り鉄」。鉄道を含めた公共交通の知識の幅広さは、社内随一である。

関連記事