notte!|電車にノッテ楽しむサイト

【レビュー】『tabitte(タビッテ)』を読んでみた!
Facebook
Twitter
シェア

【レビュー】『tabitte(タビッテ)』を読んでみた!

こんにちは。「notte!」編集長です(*‘ω‘ *)
今回は「notte!」初! 旅本のレビューです。乗換BIG4と編集部で、車を運転せずに日本を旅する人のための『tabitte(タビッテ)』 を読んでみました。

『tabitte』をご存じない方はもちろん、知っている方にも「なるほど!」なポイントをご紹介します。

読んだ人たち

  • 乗換BIG4(全員男性/鉄道ファン&旅行好き)
  • 編集部(全員女性/旅行は大好き)

『tabitte(タビッテ)』とは?

『tabitte(タビッテ)』は、車を運転せずに日本を旅する方へ贈る、国内旅行のガイドブックです。
出版元は、旅行ガイド『まっぷる』 でおなじみの昭文社 さん。ポップな色合いとシンプルなデザインの装丁が目印です。

『tabitte!』表紙イメージ 表紙の裏側には運行情報スケジュールMAPが!

今回レビューに選んだ『tabitte』は、新幹線開通でも話題の「北陸・金沢」版。北陸新幹線はもちろん、サンダーバードやしらさぎ、能登かがり火の情報も掲載されている最新バージョンです。

この真新しい『tabitte』を、乗換BIG4と編集部のレビューコメント付きでご紹介します。

1. まずは、手に取ってみた感触から!

乗換BIG4の感想

  • 片手サイズで持ちやすいです。
    旅行雑誌だと大きくてかさばるし、見るからに「観光客!」という感じがして、現地で持ち歩くのは恥ずかしいですが、『tabitte』ならどこに持って行っても大丈夫ですね。
  • ポップできれいな表紙・紙面なので、女性が好みそうです。サイズ感も荷物が多くなりがちな人にちょうど良いのではないでしょうか。
  • 自分が持っていた『tabitte』は北陸新幹線が開業する以前のものだったので、丁寧なメンテナンスに感動しました。

編集部の感想

  • コンパクトで荷物にならないのが素敵です。片手で持てるのが良いですね!
  • 表紙がシンプルできれいです。良い意味で旅行雑誌感がないところが好きです。

男女ともに「コンパクトで持ちやすい」「表紙がきれい」というコメントが目立ちました。特に表紙は他の旅行ガイドブックとは一味違って素敵ですよね。手触りもさらさらで持ちやすいです。写真ではわかりづらいので、ぜひ書店で手に取ってみてください。

2.『tabitte』のおすすめページはここ!

旅行のスタイル・目的は「その土地の美味しいものを食べる」「観光をする」「美術館やイベントに行く」「電車に乗る」「JR100%乗り潰しを目指す」などなど十人十色。

続いては独自の旅行スタイル・目的を持つレビュアー陣のおすすめページをご紹介します。

おすすめその① アクセス早見表

アクセス早見表イメージ

乗換BIG4も編集部員も「イイネ!」と気に入っていたのがこちら。
「主要エリア別アクセス早見表」です。

左の一列に出発地が、上の一行に到着駅が書かれていて、「どこからどこへ行けるのか」「移動時間はどれくらいなのか」などが一覧できます。

乗換BIG4コメント

  • 主要観光地がまとめられていて、それぞれの経路や運賃、バス停の名前も載っているのがいい! 今いる場所からどこまで行けるのか、というのもわかりやすいです。
  • 自分だったら、ここに載っている情報をもとに、時刻表や「駅すぱあと」でさらに詳しく調べますね。計画プランの取っ掛かりにもいいと思います。

編集部コメント

  • 行きたい所が大体網羅されているので、調べることが少なくて済みますね。
  • 要所要所の距離感がわかるので、計画が立てやすいです。ページタイトルのところにバスや鉄道のアドバイスが載っていて助かります!

おすすめその② tabitte calendar

アクセス早見表イメージ

特に編集部の女子たちにウケていたのがこちら、「tabitte calendar(タビッテカレンダー)」です。こちらは年間カレンダーになっていて、「花・植物」「味覚」「イベント」「気温・降水量」という4つのカテゴリーから、北陸の1年を見ることができます。

乗換BIG4コメント

  • 混雑情報や平均気温・平均降水量がわかるのは助かります。行く時期があらかじめ決まっている時は、このカレンダーをチェックするのをおすすめします。
  • 味覚とかイベントとか、1つ1つ調べるのは面倒ですが、こうやって一覧できると便利だし、見ているだけで楽しいです!

編集部コメント

  • 月ごとの平均気温・平均降水量がわかるのが良いです。旅行先へ持っていく物や着る服をどうしようか考える時、今までいちいちWebで検索していたのですが、このカレンダーがあればひと目でわかっちゃいます。
  • 花の季節が一覧できるので、季節の花を見に行くのが好きな方にもぜひ活用していただきたいですね。味覚やイベント等、花以外のその土地のものも確認できるので。

3. まとめ

最後に今回の『tabitte』北陸・金沢版のレビューの総括を、レビュアーのみなさんにお聞きしました!

乗換BIG4コメント

  • 小さい冊子なのに、他のガイドブックには載っていないような珍しいスポットやグルメ情報が載っていて良かったです。
    個人的には、福井の越前大野が載っているのに関心しました。
  • 一冊でその土地の全体を知ることができるので、現地をまったく知らない人でも、旅行プランのヒントをたくさん得られるのではないでしょうか。
  • やはり昭文社さんということで、マップがとても魅力的です。
    運行頻度がわかるマップ、駅から◯mの範囲にあるものがわかるマップ、各エリアのバスや電車がわかるマップ等、目的に応じた使い方ができると思います。

編集部コメント

  • とにかくコンパクトで可愛らしい見た目が好きです。旅行先に大きな旅行雑誌やガイドブックを持っていくのは多少かさばるし「いかにも」って感じですが、『tabitte』は手に持っていてもおしゃれです!
  • はじめは写真よりも文章が多い印象を受けましたが、読んでみると知らなかった名産品や観光地など、地域情報が盛りだくさんで読み物としても楽しめました!
  • 四国のようなフェリーが移動の要となる場所に行く時は、1日の運行頻度がわかる運行スケジュールMAPがとても役立ちそうです。

コンパクトな冊子の中に、こだわりの情報がぎっしり盛りだくさんの『tabitte』。
読めば読むほど「これいいな!」というポイントをたくさん発見しました。

今回、その魅力をほんの少しだけご紹介しましたが、気になった方はぜひ書店で実際に手に取ってみてくださいね!

参考:『tabitte』紹介ページ

関連記事